佐渡島旅行 1日目

8月17日、18日の2泊3日で、家族と一緒に 佐渡島旅行に行ってきました。

8月17日 天候は晴れ、午前6時に自宅を出発して  休憩をし、あとは新潟港まで一気に走りました。時間は約1時間30分かかりました。

1時間前に佐渡汽船フェリー乗り場に到着 

初フェリー!僕の心臓は、ドキドキ!ドキドキ!っと完全に音が聞こえます。佐渡ヶ島両津港まで約2時間30分の船旅スタートです!まずは、船内散策。初めてのフェリーなので勝手がよくわかりませんが、とりあえず歩いて回ります。

両津港到着です。天候は晴れ、雲一つありません。

今回の旅行は1泊2日なので時間があまりない為、とりあえず行きたい所を優先的に観光します、周り方は両津港から二つ亀海岸へ北上し尖閣湾を観光し南下する予定です。

二つ亀海岸に到着、「日本の快水浴場100選」に選ばれ、『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で二つ星として掲載されているようです。抜群の透明度、景勝地としての美しさ、その両方を備えていました。

次に向かったのは尖閣湾です。尖閣湾は、約3kmの海岸に広がる5つの小湾の総称のようです。世界一と呼ばれている北欧ノルウェーのハルダンゲル峡湾の景観に勝るとも劣らず、正に東西両洋に対をなす海岸美として『尖閣湾』と命名されたようです。素晴らしい景色です。皆さんもぜひ行ってみてください。たらい舟体験も絵切るようです、今回私は時間がないのでできませんでしたが、非常に興味深いですね。(写真撮り忘れた・・・・)

そして次は、世界遺産に登録申請中の佐渡金山です。佐渡金山は国内最大の金銀山として400年もの間日本を支えてきたようです。手掘りで硬い岩山を採掘していたようで、今考えると“すごい”の一言ですね。完全に生活をしていたんですね、凄いの一言です。過去があって現在があるんだと再認識しました。

次は、北沢浮遊選鉱場跡(きたざわふゆうせんこうばあと)です。金山からは車で5分ほどの距離にあり、自由に見学することができます。ここは、日本で最初に金銀鉱石の浮遊選鉱という鉱物を取り出す工法を採用した施設。鉱石処理量は1か月5万トン以上で、「東洋一」とうたわれるほどの規模だったそうです。迫力のある跡でしたよ、このような跡が残っていることに感動しました。

ようやく、本日の宿「SADO NATIONAL PARK HOTEL OOSADO」へ到着です。もちろん私は初めてですが、Instagramやnetsurfingで拝見はしていました、実際に来てみると、日本海が一望ができ、立地が素晴らしいです。これは朝の散歩も楽しみですね。とりあえず本日お世話になるお部屋に案内していただき一休みします。

続きはこのあと・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました